中村泰士 ( なかむらたいじ )

中村泰士の基本情報

  • 生年月日: 1939年5月21日
  • 命日: 2020年12月20日 (享年 81歳)
  • 出身地: 奈良県王寺町
  • 出身校: 奈良県立高田高等学校中退
  • 1968年10月10日、「今は幸せかい(佐川満男)」で 29歳のときにデビュー。現在、デビューしてから 52 年たちました。

    補足 : もともと美川鯛二の芸名でロカビリー歌手としてデビューしていたが、売れずに断念。作曲家に転向する。2003年には歌手として再デビューを果たしている。
    作曲家デビューは佐川満男の「今は幸せかい」だが、作詞・補曲として最初に世の中に名前が出たのは園まりの「夢は夜ひらく」(1966年)。その後、藤圭子など多くの人にカバーされている。

中村泰士の代表作品

代表曲(作曲)

園まり

  • 夢は夜ひらく(作詞・補曲)

佐川満男

  • 今は幸せかい

いしだあゆみ

  • 喧嘩のあとで口づけを
  • 砂漠のような東京で

ヒデとロザンナ

  • 愛は傷つきやすく

ちあきなおみ

  • 喝采 第14回(1972)レコード大賞受賞曲
  • 夜間飛行

桜田淳子

  • 天使も夢みる桜田淳子のデビュー曲
  • わたしの青い鳥

細川たかし

  • 心のこり
    細川たかしのデビュー曲であり、第17回レコード大賞(1975)最優秀新人賞受賞曲
  • 北酒場 第24回(1982)レコード大賞受賞曲

五木ひろし

  • そして…めぐり逢い

中村泰士さんの経歴

  • クリスチャンの家庭で、賛美歌が子守唄だった。6人兄弟の末っ子
  • 歯科医だった父親は中村が6歳のときに他界し、母が町役場で働きながら6人の子どもを育てた
  • 中学校に入ると、吹奏楽部に入部。トロンボーンを担当した
  • ニール・セダカやエルビス・プレスリーなどの音楽にのめり込んだ結果、高校を2年で中退
  • 佐川満男とは10代のころ、大阪のジャズ喫茶で歌った仲間だった
  • 作曲家として次々とヒットを飛ばし「先生」と呼ばれるようになる一方で、うつを発症。闘病中、サザンオールスターズの「いとしのエリー」を聴いて、「こんな曲自分には書けない」とさらに落ち込んだ。暗い曲しかかけないだろう、とどん底の状態で書いたのが梓みちよの「小心者」だった
  • 2003年4月28日、歌手デビューする。
  • 2020年12月20日午後11時50分、肝臓がんのため死去

※BS朝日「昭和偉人伝 #123『中村泰士&古関裕而』」
プロフィール| 中村泰士 | 日本コロムビアオフィシャルサイト

中村泰士メロディのここが好き

筆者の私見だが、中村泰士さんの代表曲には、「ペンタトニック」の手法(ファとシの音を含まない音階のこと。ヨナ抜き音階とも言われる)が使われている曲が多い。「喝采」「愛は傷つきやすく」「心のこり」「北酒場」などのメロディにはこの手法がつかわれているが、全てのフレーズに当てはまるのではなくAメロでは使わずサビで使う、など採用のしかたが絶妙だ。

関連サイト

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース