ジャケ写は音楽の窓 〜女の子の昭和なお洋服編〜

ジャケット写真とは、その楽曲の顔であり、いわば音楽の窓である(さにー滝沢)。という格言がありますが(ない)、ジャケット写真が楽曲にとって重要なことは言うまでもありません。私はジャケット写真が大好きで、昭和ポップスを愛する人間であるとともに、自称・ジャケット写真マニアでもあります。

というわけで、「ジャケ写は音楽の窓」と題しまして、ジャケット写真を改めてじっくり眺めてみるコラムを定期的に配信してみたいと思います。

今回は「女の子の昭和なお洋服編」と題しまして、個人的にたまらん女の子のお洋服を拝めるレコードのジャケ写を紹介していきます!

過去のジャケ写関係のコラムはこちら!
もうちょっとどうにかならなかったの・・・?なジャケ写特集
夏を感じる!シングルジャケ写ランキング【アイドル編】

くぅぅこれぞ昭和!時代を感じる愛おしいお洋服のジャケ写たち

今回は、ただの可愛いお洋服を紹介しても意味がありませんので、これぞ昭和!なファッションを味わえるジャケット写真を紹介していきたいと思います。

「赤い風船」浅田美代子

大ヒット曲「赤い風船」ですが、お洋服に着目してみましょう!
白いブラウスが、首の下が透けていておしゃれ!そのうえに緑のオーバーオール?ジャンパースカート?をあわせていますが、それもエアメールの刺繍が入っていて凝っていますね。お人形さんのような可愛らしい浅田美代子さんにピッタリのメルヘンなファッションです。ああ、もうちょっと下まで見たい!

「ひまわり娘」伊藤咲子

伊藤咲子さんの大行曲「ひまわり娘」のジャケット。ミニ丈のワンピース、くつ下、シューズ、すべてが黄色!しかも原色系の黄色!いまだと本当におしゃれな人でないと着こなせないファッション、でも昭和ならOK!昭和はファッションの懐が深いです!

「恋人試験」松本ちえこ

赤白のボーダー、そしてとっても大きな襟、でもってちょっと袖が短め、極めつけは真っ赤な靴下!どれをとっても昭和が詰まっていて大好きなジャケットです。でもって今や絶滅危惧種の長袖のポロシャツ。松本ちえこさんのスマートな体つきだからかわいいけれど、自分が着用したらラガーマンになること間違いなし!ホイッスルがわずかに「恋人試験」要素を含んでいます。

「恋の追跡(ラヴ・チェイス)」欧陽菲菲

今度は珍しく全身だぞ〜!!サテンの黄色のシャツもスゴイけれど、ベストとボトムスで柄が統一されているのも細やかなこだわりですね!そしてパンタロンからちらりと見える靴が銀色というのもたまらない!この一枚に昭和が詰まっている気がしてドギマギしてしまう一枚です。

「旅愁」西崎みどり

やはり襟が大きいのが昭和のシャツの特徴なのですね。襟の大きさで時代がわかります。こんなに上までボタンがあっても閉まらないのでは?と思うのですが、2個くらい開けるのがスタンダードだったのでしょうか。前腕部分がふわっと広がっていて、袖口でしっかり締まっているメリハリも当時のファッションの特徴っぽいですね。花の刺繍が細やかです。楽曲がしっとりしているだけに特徴的なシャツで少しびっくりしました。

「とびだせ初恋」浅野ゆう子

これのために今回コラムを書いたといっても過言ではありません!見よ!これが快活で健康的な昭和のおなごじゃ〜!!と言わんばかりのファッション!肋骨にベルトしてる?と思ってしまうほどのハイウエスト、ふんわりした袖口、前髪をオールバックにしてカチューシャ(ヘアバンド?)をつけ、くつ下は純白!シューズも真っ白!タイトルは「とびだせ初恋」・・・!ああたまらない!片足をどこから持ってきたかよくわからない四角い石に乗っけているところもたまらない!何から何まで完璧に昭和を体現しているのが後のトレンディ女優、浅野ゆう子さんだというころまで含めて120点です!!(ブルブル)
これにゾクゾクするのは私が変態だからではないはず・・・。

一周回って愛おしい……ということで紹介してきましたが、念のために申し上げておくとまったく馬鹿にしているわけではありません!今のトレンドだってあとで見返せばいつか理解できなくなるはずです。あくまで時代ギャップに燃えるのです。

(個人的に)今でも全く問題なく可愛いお洋服

「ただの可愛いお洋服を紹介しても意味がありません」などと言っておきながら恐縮ですが、最後にオマケ的に今着ててもトレンド関係なくかわいいなぁ〜と思ったお洋服のジャケ写を少し紹介します。

「木綿のハンカチーフ」太田裕美

ブラウスがかわいい!丸襟で透け感があって、上品な太田裕美さんの清楚さをよく表している素敵なお洋服です。胸の下で切り替えがあるようなので、ワンピースなのかな?これまた、下まで見たい!

「私はピアノ」高田みづえ

これも好みかもしれませんが、シャツワンピは色褪せることないスタンダード・ナンバーですよね(多分)。肩パッドがしっかり入っている+ちょっとだけ外に多めにでている肩部分(よく見るとわかります)によって、高田みづえさんの華奢さと小顔が引き立っていて可愛いです。80年代になると、襟の大きさも小さくなっていますね。ひらっとした同じ生地のリボンも可愛いです。

ジャケ写大好きならこちらの本がおすすめ!

6月30日に発売予定の「昭和レコード超画文報1000枚」!こちらは厳選されたレコードジャケット1000枚の写真とその曲の一言解説が掲載されている本になります。ジャケ写を見るのは好きだけど、レコードプレーヤーは持ってない!という方や1000枚も集められないよ!という大多数の方におすすめしたい本。Amazonなどで予約受付開始していますので是非チェックを!

著者:チャッピー加藤
Webサイト:昭和レコード超画文報1000枚 〜ジャケット愛でて濃いネタ読んで〜|2021年6月30日発売! | 303 BOOKS

この記事をシェアする

最近の記事

人気の記事