【保存版】昭和を代表する大阪出身の歌手・ゆかりの地13ヶ所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事でわかること

・大阪出身の昭和の歌手一覧
・大阪出身の有名歌手のゆかりの地(よく行ったお店など)


こんにちは!昭和ポップスをこよなく愛するさにーです。このたび、福岡、広島、愛知に続いて、大阪出身歌手ゆかりの地めぐりに行ってきました。

これまでのゆかりの地まとめ↓※随時追加予定です。
【保存版】昭和を代表する福岡出身の歌手とゆかりの地まとめ

大阪県出身の有名な歌手一覧

・アリス(谷村新司、堀内孝雄)
・麻丘めぐみ(生まれは大分)
・いしだあゆみ
・上田正樹
・大江千里
・奥村チヨ(生まれは千葉県)
・影山ヒロノブ
・笠置シヅ子
・柏原芳恵
・河合奈保子
・庄野真代
・田中星児(生まれは奈良県)
・中村あゆみ(福岡県育ち)
・渚ゆう子
・堀ちえみ
・円広志(高知生まれ。小学2年生から大阪)
・森高千里(熊本県育ち)
・やしきたかじん
・和田アキ子

う〜ん、多い!
グループ(バンド)やデュオなどは少なく、ソロ歌手が多いような印象があります。
一人で十分に個性がある人が多いのかもしれませんね。

大阪出身歌手・ゆかりの地一覧

大阪出身、また大阪にゆかりのある歌手の聖地を紹介していきます!

※ここに記載されている情報は、全て記事アップ時点のものです。
正確な情報は、直接お店などにお確かめください。

【タイガース・和田アキ子】浮世小路(ナンバ一番跡地)

大阪・浮世小路

以前この近くに「ナンバ一番」という音楽喫茶があったようです。音楽喫茶とは、ライブハウスと喫茶店が合わさったようなもの。沢田研二や岸部一徳が在籍したザ・タイガースや、和田アキ子などがここから輩出されたというから、すごいです。

同喫茶の専属バンドだったのが、沢田研二さんも加入していたザ・タイガースの前身、ファニーズ。ボーカルとギターを担当していた加橋かつみさんは「今でいうライブハウスは、当時の関西ではナンバ一番ぐらい。バンド界の登竜門だった。そんなステージに立ち、夢をふくらませた」と懐かしむ。

産経新聞 ENAK 大阪の伝説の音楽喫茶 一夜限り“復活” より

福岡にも井上陽水や長渕剛、甲斐バンドなどが場数を踏んだというライブハウス喫茶「照和」があります。それが大阪でいうと「ナンバ一番」だったようですね。

浮世小路には、当時のナンバ一番の盛り上がりようが壁に描かれています。

大阪・浮世小路

当時ザ・タイガースのボーカルだった沢田研二(?)とおぼしき人の絵も。『君だけに愛を』で客席に指をさすポーズのように見えますね。

 

「君だけに愛を」は1968年に発売された「ザ・タイガース」4枚目のシングルで、ロック調のナンバー。100万枚を超えるセールスを記録し、ジュリーが客席に向かい「君だけに~」と指をさすポーズは“黄金の人差し指”の異名を取り、コンサートで失神者が続出したという伝説を持つ。

岸部一徳、ジュリーに“変身”「君だけに愛を」熱唱&振付再現 より

大阪・浮世小路「ナンバ一番」について

いまは「ナンバ一番」はなくなってしまい、TSUTAYAになっています。しかし、確かにここにあったのだということが、「浮世小路」に記されています。
↓旅行当日の私のツイート

道頓堀商店街オフィシャルサイト
http://www.dotonbori.or.jp/ukiyo/

アクセス
大阪市中央区道頓堀1-7-23
なんば駅から徒歩5分

【アリス】アリス結成の大阪帝国ホテル

大阪・大阪帝国ホテル。アリス結成の地

1971年12月25日、谷村と堀内で大阪市南区(現在の中央区)西心斎橋二丁目(アメリカ村)にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢が合流することを前提に「アリス」を結成。

Wikipedia「アリス」より

「浮世小路」から歩いてほんの数分のところに、アリスが結成されたという「大阪帝国ホテル」があります。考えていたより小さめなホテルだったので、「この中のどれかの部屋で結成されたのか…!!!」とテンションが上がりました。

しかし…ロビーとかならわかるけど、ホテルの一室にチンペイとベーヤン(谷村新司と堀内孝雄)が二人で過ごしてい(て、結成を決意す)るっていったいどういう状況でしょうか。
深く考えないでおこう。

「帝国ホテル大阪」もあるようなので、間違えないように注意です。

アクセス
大阪市中央区西心斎橋2-8-17
地下鉄御堂筋線なんば駅25番出口から徒歩5分

【和田アキ子】プロデュースの店「わだ家」

大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」

一見、ふつうの(とはいえちょっとお高そうな)和食居酒屋にしか見えないのですが、和田アキ子さんプロデュースのしゃぶしゃぶ屋「わだ家」さんです。中に入るとちょっとしたポイントに和田アキ子エッセンスが。ごり押しではないけど、興味ある人が行ったら十分楽しめます。

入口の和田アキ子さんの手、包容力がすごい。リアルすぎてちょっと怖いし、握った瞬間手を砕かれそうです。

大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」
上に映っている足形も、アッコさんの等倍サイズです。26.5センチだそう。

店内にはあらゆる著名人のサインやメッセージがありました。これを見ているだけでも楽しかったです。芸人さんが多め。
そして店内BGMは和田アキ子メドレー

メニューもひとひねりあり、おもしろい。
↓一押しメニューの季節のコロッケ。
大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」のコロッケ

「和田アキ子さんの手のひらと同じ18.5センチのコロッケです」と店員さんから説明がありました。どうりであの包容力…。ちなみに私が食べたときは、そら豆とたけのこのコロッケでした。

肉じゃがのじゃがいもは、大きいじゃがいも2分の1個。
大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」の肉じゃが

写真ではわかりづらいですが、だし巻き卵も、卵5個分くらい使っていそうなビッグサイズ。大きいだけでなく、プルップルで出来立てで美味しい。お出汁の味がガッツリ効いていて今まで食べたことない味でしたが、関西の味つけなのかな?

大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」のだし巻き卵

おにぎりもでかい、1合はありそう。シメにと思ってひとり1コ頼むと大変なことになります。私が食べたのは、梅とかつお節とじゃこの混ぜご飯でした。

大阪・和田アキ子プロデュースの店「わだ家」シメのおにぎり

お値段はそこそこしましたが、一つ一つのサイズがかなり大きいので、そこまで品数頼まずともお腹いっぱいになりました。(おなかいっぱいでしゃぶしゃぶ食べれず)

ここに行って来ました!(2018年9月)

お客さんは業界人っぽい雰囲気の人がいっぱいいて、汗だく旅行客の私と友人は少々浮いていました。あとはサラリーマンが数人。話題には事欠かなそうなので、接待に向いていると思います。
店員さんはみんな20代くらい。若い人が多くて、快活な方ばかりでした。
テーブル席なら、壁側の席だといろんな著名人のサインやメッセージを読むことができます。話のネタになりそうです。個人的にはイチロー(本物なのか?)の「静かに食えました イチロー」というメッセージがツボに入りました。食えましたか。そうですか。

ちなみに、こちらのページに和田アキ子さんのコメントとお店の雰囲気が載っています。
http://www.wada-ya.com/about/

東京、大阪、つくばに店舗があるようです。私の行った大阪お初天神店は大阪駅から歩いて行くことができました。

わだ家ホームページ
http://www.wada-ya.com/

【河島英五】経営のライブハウス跡地

大阪・河島英五経営の「バーボンハウス」跡地

『酒と泪と男と女』『時代おくれ』等で有名な河島英五さんは桃谷駅ちかくで生まれ、ここでライブハウス「バーボンハウス」も経営していたそうです。もうライブハウスはありませんが、そのころの名残として外壁につけていた蜂の電飾だけ残っている(笑)らしいということで、行って来ました。

大阪の中でもかなり庶民的な商店街が駅前にのびていて、「自転車は押して歩こう」を誰も守っていない(むしろ歩行者が邪魔者扱いされる)あたりが「大阪っぽいな〜」と感じてしまいました(失礼)。旅行だとあまりこういうこところにまで足をのばさないので、もの珍しくて面白かったです。

また環状線桃谷駅は、駅メロが『酒と泪と男と女』でしたので、これを聴きがてら降り立ってみるのもよいかも。

ホットペッパー-乾杯
https://www.hotpepper.jp/strJ001157734/
アクセス
(大阪市生野区勝山北2-11-1)
桃谷駅から徒歩6分

【堀ちえみ】お気に入り?のたこ焼き屋

大阪・堀ちえみのお気に入りたこ焼き屋「あべのたこ焼きやまちゃん」

阿倍野に到着グッド!グッド!グッド!

懐かしいわぁ。
私が25歳から44歳まで
住んでいた街。

たこ焼やまちゃん、
阿倍野の名物店チョキチョキチョキ

ジャーン‼️大阪でーす*\(^o^)/* | 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba

このちえみちゃんのブログを読む限り、あべのの自慢のたこ焼き屋さんっぽいですね。
あの「アベノハルカス」のあべのです(行くまで知らなかった)
ちえみちゃんもいいところにお住まいだったんですね。当たり前か。

たこ焼き屋さんも駅の目の前、アベノハルカスからも近いところにありました。

大阪・堀ちえみのお気に入りたこ焼き屋「あべのたこ焼きやまちゃん」

ソースも何もかけないシンプルなものと、ごま油×ねぎの味と2つ注文しました。パリパリで熱々で美味しかったです!

あべのたこ焼き山ちゃんホームページ
http://takoyaki-yamachan.net/
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27002750/

〇営業時間:[月~土]11:00~23:00
[日・祝]11:00~22:30
〇定休日:第3木曜日

アクセス
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-34
天王寺駅から徒歩5分
大阪阿部野橋駅めのまえ

【堀ちえみ】結婚式を挙げたレストラン

(こちらには未訪問です)
堀ちえみちゃんが結婚式を挙げたと言われるレストランが、高槻市にあるようです。
ウラははっきり取れなかったのですが、複数の証言を見つけることができました。

休みとなると予約で一杯で、何度も振られました。
人気、知名度は高槻ナンバー1だったのではないでしょうか。
なにせ堀ちえみさんが結婚式を挙げたお店ですから。

『雰囲気は抜群。森の中の小さなレストラン』by たいき : キッチンスヌーグ – 高槻/イタリアン [食べログ]

ドルチェ美味しかったー。
堀ちえみさんが結婚式あげはった店らしいです(笑)

キッチンスヌーグ ★★★★☆【大阪】

駅からも遠いため若干アクセスが悪いのですが、喧騒から離れた森の中にあるようです。内観もお料理の雰囲気も素敵っぽいですよ(雑)

食べログ-キッチンスヌーグ
https://tabelog.com/osaka/A2706/A270604/27004752/
アクセス
高槻市塚脇5-2-1
高槻駅から市バス利用

【柏原芳恵】ゆかりの「住吉大社」

大阪・河合奈保子・柏原芳恵のゆかりの住吉大社
こちらのツイートを参考にさせていただき、住吉大社が柏原芳恵ちゃんゆかりの地だとわかりました。

よしえの成長にいつも深くかかわってる場所なのです。七五三のお祝い、初詣で、毎年、除夜の鐘をまず聞いて、家族全員、電車で住吉さんにお参りするの。

(中略)

今宮中時代はバスケット部の名選手(?)だったでしょ、練習でランニングをしたのもここ。

にしても、お兄ちゃんがどちゃくそイケメンです。芳恵ちゃんはお父さん似でしょうか?

全国にある住吉人社の総本社だそうで、とても大きい神社でした。本殿4棟は国宝にも指定されているとのことです。
実際に、記事の後ろに写っている赤い橋(反橋または太鼓橋)も発見しました。写真じゃわかりづらいかもしれませんが、傾斜がものすごい。

大阪・河合奈保子・柏原芳恵のゆかりの住吉大社

また境内はとても広く、願い事が叶うか否かを占ってくれる石があったり、一寸法師のおわんが置いてあるなど、お参り以外にも楽しめるスポットのようです。

住吉大社ホームページ
http://www.sumiyoshitaisha.net/

アクセス
南海線・住吉大社駅からすぐ

【麻丘めぐみ】が初舞台を踏んだ、元「梅田コマ劇場」

大阪・麻丘めぐみゆかりの地「梅田コマ劇場」

1959年、梅田コマ劇場にて初舞台を踏み、以来、子役・モデルとして活躍する。

talk! talk! talk!:女優・麻丘めぐみさん | ニコンイメージング

麻丘めぐみさんがまだ3、4歳の頃(梅田芸術劇場がまだ梅田コマ劇場だったとき)に、ここで初舞台を踏んだとのこと。
梅田コマ劇場の時も、はたしてこんなに大きな建物だったんでしょうか…?だったとしたらめぐみちゃん、すごいな。

梅田芸術劇場ホームページ
http://www.umegei.com/

アクセス
(大阪市北区茶屋町19-1)
阪急梅田駅から徒歩3分

【BORO】大阪で生まれた女が生まれたカレー屋

(こちらには未訪問です)

BOROの『大阪で生まれた女』の曲が生まれたと言われるカレー屋さんです。証拠がこの食べログのレビューだけなので真偽は定かではありませんが、それっぽいことが書いてありました。

「大阪で生まれた女」という1970年代の鬱々とした時代の男と女を唄った曲があります。
1970年代中頃、当時20代前半だったBOROは北新地で弾き語りをしながら歌手デビューを夢見ていました。
そんな彼に転機が訪れたのは、こちらCinCinでの内田裕也との出会いでした。
内田はこの歌をきいてすぐに「いける!!」と直感しました。

『BORO「大阪で生まれた女」はこのお店から生まれました。スパイスカレーも本格的で美味しいです。』by 六甲でんすけ : CinCin (チンチン) – 北新地/バー [食べログ]

「実際に行ってみたけど本当だった」だとか、ほかの有力な情報がある方はご連絡いただけると泣いて喜びます。

食べログ-CinCin(チンチン)
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27072936/

駅メロを聴くのも楽しい、大阪環状線

大阪環状線のそれぞれの駅の駅メロにも、あのゆかりの歌手の歌が採用されています。

桃谷駅……河島英五『酒と泪と男と女』※バーボンハウス跡と同じ駅
天王寺駅……『あの鐘を鳴らすのはあなた』※あべのたこ焼きやまちゃんと同じ駅
大阪駅……やしきたかじん『やっぱ好きやねん』
福島駅……円広志『夢想花』

他の駅でも『森のクマさん』、aiko『花火』など、駅名や大阪出身歌手にちなんだ駅メロが設定されているようです。
一瞬なのでわかりづらいかもしれませんが、耳を傾けてみては。
全部の駅メロや設定理由については、こちらのサイトでくわしく解説されています。
大阪環状線発車メロディ:JRおでかけネット
https://www.jr-odekake.net/railroad/osakaloop_kaizou/melody/

アクセス

おまけ・大阪は西城秀樹ゆかりの地がいっぱい

以下引用・参考サイト:西城秀樹さんの愛した大阪ゆかりの地と好きな食べ物 – 2てるニュース
↓来訪当日の私のツイート

ヒデキが出前で頼んだ!肉吸いが絶品の「千とせ」

大阪・西城秀樹のゆかりの肉吸い「千とせ」

この肉吸いは吉本の芸人にも御用達の有名な飯で、トミーズのまささんをはじめ多くの芸人に愛されている料理。
実は西城秀樹さんもものすごく愛した料理とのことで、よく出前にとっていたとのこと。
しかも西城秀樹はどんぶりを返すのが面倒なので、どんぶりごと出前で買っていたとのことです。

「肉吸い」という料理には馴染みがなかったのですが、いわゆる肉うどんのうどんがないバージョンです。いや、正しくは、「肉うどん」の「うどん」のかわりに牛肉が入っていると言ったほうがいいかもしれません。言ってみれば「肉肉」。そのくらい大満足に肉が入っています。
ヒデキもここの肉吸いが好きで、本人が来ることはなかったそうですが、スタッフさんがよく出前を取りに来ていたとのことです(店員のおばさまも、そう言っておられました)。※いまは出前はやっていません
ヒデキはストイックだったようだし、炭水化物を取らずタンパク質だけとるために肉吸いを食べていたんだろうか。

ここに行って来ました!(2018年9月)

肉吸いと卵かけご飯(大小あります)を頼むのが定番らしく、例にならって頼んでみました。
肉吸いもめちゃくちゃ美味しくて、嫁入り前のおなごが塩分も気にせずにグビグビと汁まで飲みきってしまいました……!!キャー!!!
そして意外にも卵かけご飯がめちゃくちゃ美味しい!普段TKGをすることはまずないのですが、とっても美味しかったです。なぜ?ただご飯に卵をかけただけなのに…!!
初めて卵かけご飯を食べたという、一緒に行った友人も感動していました。だし醤油も「千とせ」独自のものだったので、それも関係あるかもしれません。

ちなみに、ふつうの肉うどんや、それ以外にもさまざまな種類のうどんがあります。お客さんのほとんどは肉うどんか肉吸いでしたが。2回目以降に他のメニューにもチャレンジしたいですね。
営業時間が短いので、そこだけ注意です。

食べログ-千とせ 本店
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27002763/
アクセス
大阪市中央区難波千日前8-1
南海難波駅から徒歩3分
〇営業時間:10:30~14:30
〇定休日:火曜日

優しいおっちゃんのお好み焼き・焼きそば「DONDON亭」

大阪・西城秀樹のゆかりのお好み焼き屋「DonDon亭」

西城秀樹が御用達だったというお好み焼き&焼きそば屋さんの「DonDon亭」です。
店内はあらゆる有名芸能人の色紙やメニューで壁が埋め尽くされていました。

そのなかに「ヒデキ」の名がつくメニューを発見!

大阪・西城秀樹のゆかりのお好み焼き屋「DonDon亭」

そしてこの「ヒデキも感激!」の焼きそばがこちら。

大阪・西城秀樹のゆかりのお好み焼き屋「DonDon亭」

日本そば(しかも生そば)でつくった焼きそばです。味はソースではなく、お出汁の効いた醤油系の味。具として入っている牛すじも絶品!!

ちなみに、「ヒデキも感激!」のフレーズは、西城秀樹さん自身が「書いて!」とお願いしたとのことです。次に訪れた時にちゃんと書いてあるのを確認して、とても喜んでいた、と店主さんが教えてくださいました。自分で「ヒデキ感激!」を書いてっていうとか…ヒデキかわいすぎか……

こちらがふつうのお好み焼き。トッピングが選べるので、もち入りにしました。

大阪・西城秀樹のゆかりのお好み焼き屋「DonDon亭」

ここに行って来ました!(2018年9月)

店主のおっちゃんはとっても人が好い方で、もう注文が済んだ後に「ヒデキも感激!」メニューに気づいた私たちが「あっ!これにすればよかった…!!」とショックを受けていると、「特別だよ〜!」といって応じてくださいました(T_T)すみません、ありがとうございます……!!

そして私たちがヒデキファンだとわかると、ファンが喜びそうなヒデキエピソードをたくさん話してくださいました。カウンターの真ん中に座っていた、という話や、コンサートの時にはお好み焼きを焼いて作ってもっていったこともあるだとか、それはもうさまざま。お店ができて間もないくらいの時から秀樹さんはずっと来ていたそうなので、30年弱分の店主さんと秀樹さんとの思い出の一部を、おすそ分けしてくださいました。私たちしかいなかった、ということも幸いしたのかもしれませんが、「あとはなんだっけかな…秀樹さんの話…」と必死に思い出そうとしてくださったことが、とっても嬉しかったです……。

そして料理が、めちゃくちゃ美味しい。そのうえ安い。。お腹いっぱいになって、お酒も飲んで2人で3,500円程度。なんて店なんだ…と感動。。。ヒデキの周りには、ヒデキのような人間が出来た人ばかり集まるのでしょうか……。。

ヒデキの全盛期をリアルタイムで観ていない私にとっては、「西城秀樹」がテレビやニュース記事などで耳にするとおりのすばらしい人柄だったと確認できて、さらにその人ががここに来ていた、やっぱりちゃんと存在したのだと思うと、なんかもう泣きそうになりました。

おっちゃんのあたたかさと料理のおいしさでお腹いっぱいになり、大満足。ゆかりの地関係なく、大阪に行く人全員にお勧めできる場所です。

食べログ-DONDON亭
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27031959/
アクセス
(大阪市北区中崎3-3-9)
中崎町駅から徒歩3分
〇営業時間
[火~土]17:00~1:00
[日]11:30~14:00
17:00~22:00
〇定休日:月曜日

なんばパークス(元大阪球場)の屋上にヒデキの手形

大阪・西城秀樹の手形があるなんばパークス屋上
西城秀樹さんの場所はちょっと分かりづらかったのですが、9階(屋上)の方にあります。

ここに行って来ました!(2018年9月)

8階と9階に、大阪にゆかりのある著名人の手形があちらこちらにあります。西田敏行、西川きよし、大西ユカリ……と「西」の文字が見えてぬか喜びすること4回目。ついに発見。
この時点で西城秀樹さんが亡くなってから3ヶ月強経っていましたが、お供え物がたくさんありました。(写真参照)お供えしていいのかどうかはちょっと分かりませんので、ご自身でお確かめください。それにしてもヒデキは本当に愛されているね。

アクセス
なんばパークス
大阪市浪速区難波中2-10-70
南海難波駅中央口・南口直結
〇営業時間:11:00~21:00

ヒデキも好きだった!くくるのたこ焼き

大阪のたこ焼きといえば「くくる」というくらい、有名なたこ焼き屋さんです。例に漏れず西城秀樹さんもここのたこ焼きが好きだったとか。
堀ちえみちゃんゆかりの地「あべのたこ焼きやまちゃん」はパリパリ系でしたが、ここはトロットロ系です。そしてタコがでかい!美味しすぎてペロリとたいらげました。


くくるホームページ
http://www.shirohato.com/kukuru/

アクセス
たこ家道頓堀くくる 本店…秀樹
大阪市中央区道頓堀1-10-5白亜ビル
地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩3分
〇営業時間:
[月~金]12:00~23:00
[土・日・祝]11:00~22:00

くくるの本店はグリコの看板のとなりにあります。

ここまで全部に目を通してくださった奇特な人は気づいたかもしれませんが、「浮世小路」「大阪帝国ホテル」「千とせ」「なんばパークス」「くくる本店」はぜーんぶなんば駅から徒歩圏内(!!)です。すごいですね、なんばという街は。これだけで一日大満喫できちゃいます。

 

大阪に行った際はぜひ足を運んでみてください!

Twitterもやってます!一緒におしゃべりしましょ〜。
@syowa_suki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*