このサイトへの想い

私は、元昭和歌謡オタクでした。

昭和歌謡、というと、どんな音楽をイメージしますか?
私が昭和歌謡好きと人に言うと、こういう反応をもらうことがあります。ーー「演歌ってこと?」「美空ひばり?」「リンゴの唄とかが好きなんだ?」
演歌もリンゴの唄の歌詞もすばらしい音楽ですし、美空ひばりさんも大変偉大な歌手です。しかし、とりわけ私の愛する音楽はもっと広い意味での「昭和」の「歌謡曲」でした。
フォークソングがヒットを飛ばし、ピンク・レディーが席巻し、サザンオールスターが衝撃のデビューを飾り、松田聖子がアイドルという存在を確立させた・・・そんな、とても魅力的な時代です。
そんな中、一度や二度ではなく上のような反応をもらううちに「昭和歌謡」という言葉が「古い昔の音楽(=演歌)」「おばあちゃんが好きな音楽」のような狭義で認識されているのではないかという不安が、私の中で芽生え始めました。
昭和・・・魅力的な若者が、素晴らしい音楽と出会い、その時代にしか生まれなかったであろう数々の名曲が生まれた時代です。
それらは、ときおり「懐メロ」と評されることもあります。

しかし、今は2018年。

もうすぐ、2度目の東京オリンピックまで控えています。
(私の記憶にもある)90年代の楽曲さえ、いまや「懐メロ」です。これからまた数十年経てば、現代の音楽もいつか懐メロと言われるようになるでしょう。
そのうち昭和歌謡を懐かしいと思う人さえ少なくなり、ついには昭和歌謡イコール、演歌イコール、なんかわからんけど古くさい音楽…などと、まとめられていってしまうかもしれません。
この時代だからこそ生まれることができた貴重な音楽が、
名前もつけられずに埋もれていってしまうなんて…そういった不安が、私の中にはずっとありました。
そこで、昭和歌謡という言葉が適切でないならば、新しい言葉をつけよう、
そしていつしか、その分野を新たなジャンルとして確立させよう…と思うようになりました。

相手に「良さ」を伝えるということ

私は、いままでオタクとしての活動…つまり、好きなものを分かる人同士だけでワチャワチャと楽しむことしかしてきませんでした。誰かに「この良さをわかってもらおう」という意図で発信したことがなかったのです。私は、頭をひねりました。誰かに何かの「良さ」を伝えるということが、どういうことなのか。

まず、伝えたいという気持ちの押し売りになることは避けたい。その一方で、個人の意見をしっかり持っていることも大事。
そして、仲間うちや玄人だけではなく、誰にでも伝わる易しい言葉で伝えることが必要…

そう考えたとき、私は「オタク」のままではだめなんだ、と気づきました

オタクのまま広めようとするのでは、似たようなオタクを増やすだけ。興味のない人は何にも知らないで終わってしまう、一過性のブームにしかなりません。
私は文化として、音楽のジャンルのひとつとして、ずっと昭和ポップスが聴き続けられていってほしいのです。

たとえば、音楽でなくても良いので、あなたの好きな何かを思い浮かべてください。それは、何十年、何百年も先でも、今と変わらず愛され続ける力のあるものでしょうか?
きっと、そういうものはとても少ないはずです。どんなにすぐれたコンテンツでも、それ自体が持つ力だけで存続するのは難しいでしょう。自然に続くということは。非常に厳しいことです。
最近は「昭和歌謡ブーム」なんて、ニュース記事で語られたりしていますが、ブームは一過性の熱病です。
でも、ブームも何回も起これば文化になるはず。その一助として、どうしても、伝えていく役割の人が必要だと思うのです。オタクの情熱でも博士の専門性でもなく、ただただ知りたいと思った時にわかりやすく教えてくれる場所が、きっと必要なのです。
そう自分の中で答えを出しました。そして私がそれになりたいのだということも。

「若いのにこの年代の曲が好きなの!?渋いね〜」

私は26歳ですが、このようなお言葉をもらうことがあります。しかし、それも一体いつまでかわかりません。70歳の人が90歳の人が聴く音楽を聴いていても、世代かどうかなんてわからないでしょう。「年寄りだから古くさい音楽が好きなだけ」といつ思われるようになるか、わかりません。まだ、「若い」と言われるうちに、何かしなくては。明らかに世代じゃない、だけど、この時代このジャンルを選んだ。そのことに意味があるうちに、なにかを遺さなくては。

そして、避けては通れない出来事があります。
2018年5月16日。この日、歌手の西城秀樹さんが亡くなりました。大きな大きなショックを受けたあと、じわじわと湧き上がってきたのは焦燥感でした。まだあの頃のスターは生きている。そのうちにできることをやらなければ…

もとから音楽は大好きでしたが、それを仕事にするなんて思いもよらないことでした。こうして見てくださっている人がいるだけでも、大変感謝しています。ただ、その先の「伝える」ということと、何かを求めて検索してきた人たちの期待に「応える」こと、これができなければ、どんなに熱い思いも無駄になってしまいます。
これから、できるだけたくさんの人に言葉が届くよう、丁寧に記事を書いていこうと思っています。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

2018年9月
さにー