ちあきなおみ ( ちあきなおみ )

ちあきなおみの基本情報

  • 生年月日:

    1947年9月17日 (71歳)
  • 出身地:

    東京都板橋区
  • 本名:

    瀬川 三恵子(せがわ みえこ)
  • キャッチフレーズ:

    「苗字がなくて名前がふたつ」「魅惑のハスキーボイン」
  • 1969年6月10日、「雨に濡れた慕情」で 21歳のときにデビュー。現在、デビューしてから 50 年たちました。

ちあきなおみの代表作

・四つのお願い
ちあきにとって初めてのオリコントップ10入りを果たした作品
・喝采
1972年にレコード大賞を受賞。言わずと知れた名曲
・夜間飛行
失恋旅行をする女の心情を描いた曲。ちあきなおみにしか歌えない曲のひとつ
・劇場
「喝采」「夜間飛行」とともにドラマチック歌謡とよばれる
・夜へ急ぐ人
魑魅魍魎な表現は圧巻の一言。表現者の域を超えるパフォーマンス。夜見たら(聴いたら)寝られなくなること必至
・矢切の渡し
ちあきが1976年に発表した曲。1983年に細川たかしがカバーし、レコード大賞を受賞した。
・ねえ あんた
音楽の範疇にくくれない、ミュージカルのようなナンバー
・紅とんぼ
新宿駅裏の酒場をイメージとした歌。ほんとにこんな酒場ありそう。
・黄昏のビギン
1959年に水原弘がリリースした曲のカバー。芸能活動を停止する前年にリリースした珠玉の一曲

ちあきなおみの受賞歴

●1969年
第1回日本有線大賞 期待賞「雨に濡れた慕情」

●1970年
第1回日本歌謡大賞 放送音楽賞「四つのお願い」
第3回日本有線大賞 努力賞「四つのお願い」

●1972年
第14回日本レコード大賞 大賞「喝采」

この人のここがすごい!

私の思うちあきなおみさんのいちばんの魅力は、「音の終わりかた」。音を出す瞬間(入り方)を気にする人は多いですが、音の終わりかたに関してはあまり言及されることがありません。ほとんどの歌手にとって、音が消えるのは音を伸ばしきったからか、次の音が待っているからでしょう。

しかし、ちあきさんはそうではないんですね。全ての音の一瞬一瞬全てに考えを巡らせた上で選ばれた最良の音なんです。少なくともわたしにはそういう風に聴こえます。不思議なことにちあきなおみの歌には、適当に生まれる音も、適当に消えていく音もまるで見当たらないのです。。

そして何が恐ろしいって……、、そんなふうに緻密に計算されきっているにも関わらず、機械的な感じとはむしろ真逆の、これでもかというぐらい生身の人間を表現しているところです。鳥肌が立つほどの生々しい歌唱なのです。

スキルとしての「歌が上手い」だけで歌手と呼ばれるわけでは決してない、ということを実感として感じさせてくれる唯一無二の歌手ではないでしょうか。

関連サイト

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース