岩谷時子 ( いわたにときこ )

岩谷時子の基本情報

  • 生年月日

    : 1916年3月28日
  • 命日

    : 2013年10月25日 (享年 97歳)
  • 出生地

    : 京城府(現在の韓国・ソウル)
  • 出身地

    : 兵庫県西宮市
  • 本名

    : 岩谷トキ子
  • ペンネーム

    :千家春
  • 補足 : 1952年に越路が出演していたシャンソンショー「巴里の唄」の劇中歌として『愛の讃歌』訳詞・作詞をしたことが作詞家としての初めての作品であった。レコードデビューとしては1954年となる。

岩谷時子の代表作品

岩谷時子が手掛けた代表曲

越路吹雪
・愛の讃歌
・ラストダンスは私に
・サン・トワ・マミー

森山加代子
・月影のナポリ

ザ・ピーナッツ
・ふりむかないで
・恋のバカンス
・ウナ・セラ・ディ東京

加山雄三
・君といつまでも
・夜空の星
「君といつまでも」のB面
・お嫁においで

島倉千代子
・ほんきかしら

園まり
・逢いたくて逢いたくて

沢たまき
・ベッドで煙草を吸わないで

岸洋子
・夜明けのうた

ピンキーとキラーズ
・恋の季節
ピンキーとキラーズのデビュー曲

郷ひろみ
・男の子女の子
郷ひろみのデビュー曲

フランク永井
・おまえに

沢田研二
・君をのせて
沢田研二のソロデビュー曲

本田美奈子
・つばさ

布施明
・これが青春だ

岩谷時子が手掛けた訳詞

・夢見るシャンソン人形(もとはフランス・ギャルの曲。岩谷訳詞バージョンを中尾ミエ、弘田三枝子らが歌唱)
・アメイジング・グレイス(本田美奈子)

岩谷時子伝説とエピソード

作詞家になるまで

・5才のときに母親に連れられて宝塚歌劇を見に行き、大ファンとなる。

・1939年に念願かなって宝塚歌劇団出版部に入社。宝塚が発行する会報誌の編集をしていた。(つまり、もともとまったく作詞家志望ではなかった)

越路吹雪との出会い

・宝塚歌劇団出版部に入社してまもないある日、劇団員だった越路吹雪(当時15才)に「一緒に私のサインを考えて」と声をかけられたことで仲良くなる。

・越路吹雪が宝塚を退団し東宝の専属女優として舞台に立つことになる。このとき、岩谷も越路の目付役として東宝文芸部に移籍し、越路吹雪のマネージャーと会社員を兼務する。

・1952年、越路吹雪が急遽舞台でフランスの歌「愛の讃歌」を歌うことに。初日まで数日しか猶予がない中で日本語訳が必要となった。そこで英文科だった岩谷に白羽の矢が立ち、はじめての訳詞をすることになる。

・「愛の讃歌」が成功し、以降たくさんの作詞の依頼が舞い込むこととなった。

この人のここがすごい!

・柔らかく、さりげなく、アンニュイで、倦怠感がある歌詞が特徴。
・少しドキッとしてしまうような歌詞でも、いやらしい感じがしない。色っぽいのに品がある表現が巧み。

おすすめの商品

「ラストダンスは私に 岩谷時子物語」(光文社) 2019年7月18日発売

関連サイト

参考資料

BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた 歌謡界に新風を吹かせた女性作詞家たち~岩谷時子 安井かずみ 山口洋子~3時間スペシャル」2019年10月11日放送

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース