テレサ・テン ( てれさてん )

テレサ・テンの基本情報

  • 生年月日

    : 1953年1月29日
  • 命日

    : 1995年5月8日 (享年 42歳)
  • 出身地

    : 台湾 雲林県
  • 本名

    : 鄧麗君(とうれいくん)
  • 1974年3月1日、「今夜かしら明日かしら」で 21歳のときにデビュー。現在、デビューしてから 45 年たちました。

    補足 : 14歳の時に台湾でレコードデビュー、17歳で香港に進出、主演映画が公開。瞬く間にアジアのスターになった。鳴り物入りの日本デビューだった。

テレサ・テンの代表作品

代表曲

・空港
・つぐない
・愛人
・時の流れに身をまかせ
・別れの予感

おすすめ曲

・ワインカラーの記憶

レコード・CD売上枚数

シングル売上ランキング

  発売年 曲名 売上 (万枚)
1 1984 つぐない 44.2
2 1986 時の流れに身をまかせ 33.4
3 1985 愛人 29.9
4 1987 別れの予感 14.5
5 1974 空港 14.1
6 1974 雪化粧 8.7
7 1977 ふるさとはどこですか 6.6
8 1988 恋人たちの神話 5.3
9 1975 女の生きがい 4.8
10 1977 あなたと生きる 2.6

※累計売上のランキングです。出典:株式会社オリコン(1997)『1968-1997 ORICON CHART BOOK』

エピソード

・テレサは小さい頃から美空ひばりに憧れていて、「川の流れのように」をはじめ多くの曲をカバーしている。台湾で14歳でレコードデビューした際は「台湾の美空ひばり」と称された。

・プロデューサーの舟木稔は「絶対に日本で売れる」とテレサの日本進出にあたって両親を説得した。舟木はテレサの「日本のお父さん」とも言われていた。

・1979年、26歳のときにパスポート偽造事件で国外退去に。これは暗にみなやっていたことであったが、テレサが芸能人だったこともあり大きなバッシングを受けた。

・1983年、中国でもヒットしていたが、中国政府が精神汚染の元凶としてテレサ・テンの歌を禁止。カセットテープは没収され、聴くことも口ずさむことも禁じられた。中国の人々は音量を低くして隠れて聴き続けていたという。

・「つぐない」は最初はあまり売れなかったが、矛先を有線にしぼったことで大ヒットに繋がった。

※BS-TBS「テレサ・テン生誕60周年スペシャル たっぷり聞かせます 魅惑の歌声30曲」より
※BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた テレサ・テン 不滅の歌声と波乱の人生」

ゆかりの地

・鄧麗君(テレサ・テン)紀念公園 (新北市)
今でも命日には多くのファンが集まり、花束でいっぱいになるようです。

・蘆洲(ろしゅう)國民小学校の校内に展示室がある
・テレサがコンクールで歌ったと言われる湧蓮寺
・台湾 新北市 蘆洲駅のテレサ・テン像

上記はいずれも台湾。

参考:テレサ・テンが育った街・蘆洲でゆかりの地をめぐる/台湾 | コラム | 中央社フォーカス台湾

テレサ・テンの受賞歴

●1974年
第16回日本レコード大賞 新人賞「空港」
2枚目のシングル。表彰式では涙ながらに歌いきった。

●1984年
第17回日本有線大賞 大賞「つぐない」
第17回全日本有線放送大賞 大賞「つぐない」

●1985年
第18回日本有線大賞 大賞「愛人」
第18回全日本有線放送大賞 大賞「愛人

●1986年
第28回日本レコード大賞 金賞「時の流れに身をまかせ」
第19回日本有線大賞 大賞「時の流れに身をまかせ」
第19回全日本有線放送大賞 大賞「時の流れに身をまかせ」


日本有線大賞・全日本有線放送大賞を史上初の3年連続ダブル受賞した。

●1987年
第20回日本有線大賞 有線音楽賞「別れの予感」

関連サイト

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース