山口洋子 ( やまぐちようこ )

山口洋子の基本情報

  • 生年月日

    : 1937年5月10日
  • 命日

    : 2014年9月6日 (享年 77歳)
  • 出生地

    : 愛知県名古屋市

山口洋子の代表作品

内山田洋とクール・ファイブ
・噂の女

五木ひろし
・よこはま・たそがれ
・長崎から船に乗って
・ふるさと
・夜空
・千曲川

中条きよし
・うそ
本来はB面の「指輪をはずして」がA面になる予定だったが、レコーディングの際に作詞の山口洋子・作曲の平尾昌晃・編曲の竜崎孝路の意向で「こっちにしよう」と急遽変更になったという

郷ひろみ
・逢えるかもしれない

真木ひでと
・夢よもういちど
・恋におぼれて

美空ひばり
・ひとりぼっち

石原裕次郎
・ブランデーグラス
・北の旅人
石原裕次郎が最後にレコーディングした曲

山川豊
・アメリカ橋

山口洋子の軌跡

波乱万丈の10代

・高校生の時から詩をたしなみ、北原白秋に憧れており、毎日貸本屋に通っていたという。

・幼くして両親と離れ養母に育てられていたが、その養母も体が弱く生活が困窮し、高校一年生のときに中退した。

・1953年、知り合いの援助を受けて、名古屋市内で喫茶店を開業、店長を務めた。このとき、山口は16才。

・東映ニューフェイス(1950〜60年代ころに行われていたオーディション)に17才のときに合格し、上京。

そして銀座のママ、作詞家に

・1956年、女優としてはなかなか芽が出なかった山口は、銀座に高級クラブ「姫」を開業。19才にして銀座のママになった。評判はまたたく間に石原裕次郎、勝新太郎、五木寛之など数多くの著名人が集まる人気店となった。

・ある日、友人である歌手の神楽坂浮子が詞を見せられた際に山口がダメだしし、まったく違うものに作り変えた。これが作詞家・山口洋子のはじめての作品となった(銀座化粧)。

・「五木ひろし」の名前は、山口の店の常連だった五木寛之にあやかったもの。

・山口は森進一の大ファンだったため、「森進一を追い越したい」ということもあり五木ひろしの楽曲に力を入れたという。

山口洋子と病魔

・1987年、石原裕次郎の「北の旅人」をレコーディングした2日後に脳内出血で倒れる。リハビリ生活を余儀なくされる。

・バブル崩壊などの影響もあり、クラブ「姫」も経営が悪化。負債総額は1億6000万円まで膨らむ。

・病から11年後の1998年、言語障害や体の麻痺をのりこえ山川豊の「アメリカ橋」は日本作詩大賞を受賞。「病気もしましたけれど、生きててよかった」とコメントした。

おすすめの商品

銀座のクラブ「姫」について山口洋子の目線から語られた本。その中には作詞家とクラブのママとの二足のわらじ生活の苦労についても書いてある。

作詞家の苦労はむしろプロになってから始まった。根強い偏見と抵抗があったのだ。夜の蝶が大きな顔をして真っ昼間にひらひらと飛んであるくないよという白い眼が私のどこかには常時向けられていた

「演歌の虫」
1985年に直木賞を受賞。山口の体験をもとに音楽業界を描いた小説。

山口洋子の受賞歴

●1985年
直木賞を受賞 小説「演歌の虫」「老梅」

●1998年
第31回日本作詩大賞を受賞 山川豊「アメリカ橋」

関連サイト

参考資料

BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた 歌謡界に新風を吹かせた女性作詞家たち~岩谷時子 安井かずみ 山口洋子~3時間スペシャル」2019年10月11日放送

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース