安井かずみ ( やすいかずみ )

安井かずみの基本情報

  • 生年月日:

    1939年1月12日
  • 命日:

    1994年3月17日 (享年 55歳)
  • 出身地:

    神奈川県横浜市
  • 本名:

    加藤一美(旧姓:安井)
  • 愛称:

    ZUZU(ズズ)
  • ペンネーム:

    みナみ カズみ
  • 1964年1月1日、「おんなのこだもん(中尾ミエ)」で 24歳のときにデビュー。現在、デビューしてから 55 年たちました。

    補足 : はじめて訳詞をしたのは、坂本九 ダニー飯田とパラダイスキングの「GIブルース」。英語やフランス語、どちらも理解できたことが大きな武器となった。

・一流の音楽や美術に触れながら幼少期を過ごしたが、未熟児として生まれた彼女は、その後も体が弱く、外に出るだけで高熱が出るほどの虚弱な子供だった。そのため同年代の友達はほとんどおらず、日がな一日絵を描いて過ごしたという。

・健康を取り戻した彼女は、フェリス女学院中学校・高等学校で学生生活を送る。文化学院美術科での大学在学中に「みナみカズみ」のペンネームで神田の出版社・シンコーミュージックで歌詞の翻訳アルバイトをしたことがきっかけで、作詞家となる。もともと画家志望だったため、専門的な教育は受けないまま作詞の世界に飛び込んだ。

・雑誌のグラビアを飾るなど、松任谷由実や林真理子もあこがれたファッションリーダーとしての側面もあった。

・飯倉片町の伝説のイタリアンレストラン・キャンティで、かまやつひろしや女優・加賀まりこ、ファッションデザイナーのコシノジュンコら、六本木族と呼ばれる仲間たちと多くの時間を過ごしたという。

BS朝日 昭和偉人伝スペシャル#98「岩谷時子・安井かずみ」より

安井かずみの代表作

アグネス・チャン
・草原の輝き
・星に願いを
・愛の迷い子
浅田美代子
・赤い風船
天地真理
・ちいさな恋
・恋と海とTシャツと
伊東ゆかり
・恋のしずく(88万枚のヒット)
キャンディーズ
・危い土曜日
郷ひろみ
・よろしく哀愁
小柳ルミ子
・わたしの城下町(130万枚のヒット)
・お祭りの夜
・恋の雪別れ
西城秀樹
・ちぎれた愛
・激しい恋
沢田研二
・あなただけでいい
・危険なふたり(沢田研二ソロシングルで初のヒットチャート1位を記録)
・追憶
竹内まりや
・不思議なピーチパイ
千葉紘子
・折鶴(本人が一番好きと語った曲)
辺見マリ
・経験
南沙織
・20才の立場
・GET DOWN BABY
・夏の終り
・DRUGSTOREのひと
和田アキ子
・古い日記

その他訳詞も含め多数…

安井かずみの受賞歴

●1965年
・日本レコード大賞 「おしゃべりな真珠」(園まり) 作詞賞

この人のここがすごい!

安井かずみさんは、自身ののルーツについて以下のように語っている。

私が書いたのは、言葉を口語体のままメロディにのせた、わかりやすい身近な歌でした(中略)
安井かずみ流新形式だったので、改めて詞の勉強をする必要がない。
逆にいえば、専門的に詞の勉強をしなかったからこそ、自由に言葉を使えたわけで、これが私の場合はプラスになっていたようです。
PHP研究所刊「愛、経験してますか?」(安井かずみ)より

天才にしかできない発言……。

『歌は世につれ』って言葉があるけれど、(中略)私は過去の歌も書きたくないし、未来の歌も書けないと思う。
今、今日、作詩するのは、今、今日私がこの世に生きている証拠の産物であって欲しい、と願う
「安井かずみがいた時代」(島崎今日子)集英社文庫

そういって書いた歌が、彼女が亡くなってからも愛され続けているのだから、すごい話である。

関連サイト

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース