【1986オメガトライブ】カルロストシキの「君は1000%」大逆転劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どう考えても無謀!カルロストシキの「君は1000%」大逆転劇。1986オメガトライブ

「君は1000%〜♪」というキャッチーなフレーズで今でも多くの人に知られる、1986オメガトライブ『君は1000%』。

ドラマの主題歌としても起用され、大ヒットを記録した曲です。しかし、この曲が発売された状況は、決してやさしいものではありませんでした。

人気絶頂時のボーカル脱退

彼らは、1985年まで「杉山清貴&オメガトライブ」として活動していました。デビュー曲は「SUMMER SUSPITION」で、最高売上をあげたのも「ふたりの夏物語」。「夏といえばオメガトライブ」と言われるほど、夏の代名詞的グループです。
とりわけ素晴らしいのが、ボーカルの杉山清貴の甘くてクリアな歌声。そして、夏を感じさせる爽やかな曲調。
夏といえばサザンとか、チューブとかあるけど、それもいいけど、やっぱオメガトライブでしょ、と。80年代当時にアンケートを取ったら、オメガトライブが一番だったんじゃないかな?サザンは今のような国民的イメージはさらさらないころだし、邪道だと思っていた人が当時多かったのだとしたら、ありえる。

しかしそんな人気絶頂の中、その杉山清貴が脱退。
当時まだ生まれていなかったので、推測でものをいうけど、イメージもすっかり定着した大人気グループの、抜群の歌唱力を持つボーカルの交代って…最悪です。解散は免れたものの、はっきり言って最悪の事態ですよね。
正直なところ、世間もファンも「もうオメガトライブは終わりだな」と思ったことでしょう。
まさかここからもう一度オメガトライブが花を咲かせるなんてことは、誰も考えていなかったと思います。

(当時リアルタイムで見てた人、教えてください)

 

新ボーカルに選ばれたのはブラジル人

そんな厳しい状況の中で新ボーカルとして抜擢されたのが、なんと、日系ブラジル人のカルロス・トシキでした。
その人選を聞いた人は、どう思ったでしょうね。。
奇策だとか、インパクトを狙いだと思われたかもしれませんね。
あるいは本当に大丈夫?という疑念だとか、もしくは拒絶…期待してる人って、いなかったんじゃないかなー(笑)

まあ様々な思惑はありつつも、誰もが「オメガは新しい路線で行くんだな」と思ったはずです。今までのイメージは捨てて、新生オメガトライブとしてやっていくんだろうな、と。

しかし!その予想は見事に裏切られたのですよー!!カルロストシキを迎えた一発目の曲は「夏といえばオメガトライブ」のイメージを引き継いだ曲で勝負に出たのです。
それが「君は1000%」でした。

(な、なんとオメガトライブ公式YOUTUBEがあるんですよ〜!vapさんありがとう!それにしてもこの時代にPVとは、先端を行ってたんですね。)

君は1000% 欲しいよ
素直な瞳で
君が見た夢なら
If you give me your heart
入江に浮かぶ物語
目を閉じた Endless Summer

まずはなんと言っても、「うおおお夏が来た〜〜!!!」と思わず叫びたくなるような、ドキドキするイントロですよ。海についた~~!!!かもね。とにかく、トンネルを抜けたらそこは夏でした。っていうあふれ出す爽快感が、このイントロにはあります。編曲の新川博さんは、何者?天才?200回生まれ変わってもこんなイントロ作れる気がしない。

そして。ついに来た、その直後の、歌声。
カルロストシキの、触れられそうなほど透き通った高い声。杉山清貴の声が澄み渡った深いブルーの空だとするならば、カルロスのそれはまるで繊細なガラス細工を表しているかのような透明感なのです。

できることなら彼の声を初めて聴いたときの感動をもういちど味わいたい。いっちょ記憶を消すか~。そう思うくらい唯一無二の声です。。。

また、カルロスには他にも特徴があるんですな。それは、「発音の良さ」。「1000パーセント」も、カルロスに歌わせると「1000 percent」。

こればっかりは聴いてもらわないと伝わらないので(笑)、彼らのレコード会社だったvapさんが公開している公式YOUTUBEでも聴いてみてください。この時代にはめずらしくPVですよん。
う~んあふれ出すバブル臭と古くささがたまらないねw

キャッチーなこの単語とその発音のよさで、一度聞いたら忘れられないフレーズが出来上がりました。
サビにはさらに数カ所、英語部分があります。思わず真似したくなるようなこの英語フレーズも功を奏して、結果、35万枚を記録する大ヒットとなりました。

「ちょっと奥手な男の子」がカルロストシキにドンピシャ。

さて、続いては窮地からこの曲を大ヒットに繋げたもう一つの要因「語り過ぎない歌詞」について見ていきましょう。

このあたりの時代の曲の傾向として、一見歌詞を見ただけではわからなくとも、歌手がメロディに乗せて歌うとその情景や感情が鮮やかに浮かんでくる、というつくりの曲が多くあります。
この曲も同じで、爽やかなバックの演奏とカルロスの透き通った声が歌詞と合体することで初めて、この曲の雰囲気がより深く味わえるのです。
たとえばこの歌詞。

君がいない時間に
かけた電話 なぜか言えない

当時は留守電もなければ着信履歴も残らないので、相手がその場にいなかった場合、言わなければ電話をかけたことはわかりません。それを言えない弱気な男性の心を語っています。弱気だし内気だし、人によっては根暗になるこのワード。よく夏の歌にこんなシチュエーションを入れようと思ったな!と思うくらいかなり女々しいです。しかしカルロスが歌うと、なぜか、純粋でウブな男性のせつない恋というように捉えることができてしまいます。いやこれは、本当に不思議。カルロスマジックです。

しなやかな仕草と 渡されたカクテル
恋のめまい のみほす

この部分はヤバイです。しなやかな仕草の女性にやられそうな男性が、恋にかき乱されるマイハートごと、お酒と一緒に飲み干してしまおうとする様子が描かれています。恋におぼれ、胸を熱くさせたピュアな男が、さっきまでの弱気さを拭い去るかのように勢いよくお酒を飲み干す…いや、たまらねー描写です。
それも、この男性が「ピュア」だというイメージのもと想像させられた話ですね。同じ夏のイメージでも、もしこの部分をTUBEやサザンオールスターズが歌ったなら、カルロスとは全く違う男性像になることでしょう。

カルロスはこの歌の男性を「ピュア」にさせる個性を持っていたし、人々はまだ得体の知れなかったカルロスに対して様々な想像を巡らせました。一から十まで語りすぎる歌詞は、興ざめしか産みませんからね。ほんの数%の夏を熱くさせるキーワードだけで、あとは歌手の表現力と聴き手の想像力に任せれば、歌は完成しちゃうんですね。。
彼はこの曲に限らず、一枚上手の女性に翻弄されるけど、実は僕だって…みたいなシチュエーションの曲が結構あります。

杉山清貴という人気ボーカルの脱退に、「杉山でないオメガトライブなんか聴かない」と、聴かずに離脱していった人もおそらくたくさんいたことでしょう……。それでもなお、この曲は大ヒットを記録し、今でも愛される名曲となりました。それは、個性的なカルロスとそのカルロスにしか見せることができない「ピュアで奥手な男の子が少しだけ勇気を出す、夏。」というテーマがが「1000%」ドンピシャだったからではないでしょうか。

カルロスの現在

ファンの間では有名な話ですが、カルロスは現在母国のブラジルに帰ってニンニク農業をしています。一年に一度、日本に帰ってきてくれて、「あの人は今!」的な番組に出たり、ライブを行ったりしています。今年2018年も、2、3月の農業の落ち着いた時期に来てくれました。

気になるのは、現在のお姿と歌声。昔のあどけない童顔さは残しつつも、ムエタイトレーニングをしているせいかなかなかよいガタイです。個人的にとってもタイプです(きいてない)

しかし驚いたのは歌声。カルロスの涼しげな声って、年齢を重ねたら保つことが難しそうな部類っぽいにも関わらず、ビックリするほど全然変わらない!!ムエタイワイルドに涼しく甘い声って無敵だ。

ニンニクの品種開発に尽力し、大成功したカルロス。「ブラジルで最も偉大なニンニクスペシャリストの一人」と言われているそうです。今では、カルロスの開発したニンニクはほぼ国内シェア「100%」を占めている、とのことですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*