岡田有希子が今も愛されるのは「永遠の18歳だから」じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田有希子が今も愛される理由

 1984年に「ファースト・デイト」でデビュー。1986年、人気絶頂期に18歳という若さでこの世を去ったアイドル、岡田有希子。

彼女がアイドルとして活動した期間はたった2年間。亡くなってからもすでに30年が経ったが、現在も彼女のトリビュート番組(ラジオ)がレギュラー放送されていたり、ブロマイド売上でも上位の常連となっていたりと、未だに根強い人気を誇っている。さらに最近は、ネットで容易に当時の映像が見られることも手伝ってか、SNS上でも新たに彼女の歌声に魅せられた10代〜20代の若いファンを多く見かける。

彼女はチャート的にはそこまで大きな記録を残していないにもかかわらず、彼女と同時期・同規模のアイドルと比較しても現在のファンの数の多さは歴然だ。なぜ亡くなってから時が経った今も愛され続け、そして新たなファンを獲得し続けられるのだろう?

彼女の2枚目のシングル「リトル プリンセス」を見てみよう。

二人分のブランチ抱えていつもより
少し早い待ち合わせをした遊園地

腕につかまって
歩くのが夢だった
私はいつでも
あなただけのプリンセスよ
このまま 手を取り
おとぎの国へ連れてって

歌詞もメルヘンだが、歌詞だけでなく、編曲もキラキラとした乙女ちっくなものになっている。さらに曲全体にかかるエコーのような効果が、ただ可愛らしい一辺倒な世界でなく、岡田有希子の歌唱力を引き立たせる奥行きのある演奏になっている。作詞作曲を手がけたのは竹内まりや。

私が初めてこの曲を聴いたとき、まるで彼女の声が春風のようにすり抜けていくのを感じた。

彼女がデビューしたのはアイドル黄金期真っ只中の1984年。松田聖子、中森明菜を筆頭に多くのアイドルがオリコンチャートを席巻していたが、キャラクターのバラエティとしては既に飽和状態でもあった。可愛くて歌がうまいだけじゃ生き残れず、確固たる自分のキャラクターがなければ売れることはできなかった。もはや正統派では生き残って行くことは難しい中、時には奇抜な設定のアイドルも出ては消えてを繰り返していた。

そんな中、岡田有希子は「ステキの国からやって来たリトル・プリンセス」というキャッチコピーを提げ、デビューした。いわばどまん中・ストレートの正統派だった。

なぜ「正統派は時代おくれ」でもあったこの時に正統派アイドルとして人気を博し、そして今でも愛され続けているのか。
まさにこれからという時にこの世を去った彼女に対して、もっといろんな顔を見てみたかった、そういう期待感や悔しさのようなものも、いっそう思いを募らせるひとつの要因にはなっているだろう。

しかし、「永遠の18歳」であり、年をとらないから、「劣化」などしないから愛されているとは考えるのは短絡的だ。

彼女には、人の心に秘めたある思いを感情移入させる才能があったのだ。それは時代によって変わることのない、人の心の中に根源的にある感情、「プリンセスへの想い」なのだ。

同級生との遊園地デートのシチュエーションのこの曲には「おとぎの国へ連れて行って」とあるが、まるでこちらがおとぎの国へと連れられていくような感覚がする一曲。

女性が何歳になっても胸に秘めている「プリンセス」の心や、男の子のいつかこんな女の子と恋がしたいという憧れを再現してくれる存在。時代がかわっても変わらず人の心の中にある、一瞬のときめきやピュアな気持ちを呼び起こさせてくれる。

初恋を捧げた同級生のようであり、恋に目を輝かせたあどけない少女のころの自分であり、いつかこんな風になりたいと憧れた近所のお姉さんでもあり、ちょっぴりドジな部活の後輩の女子のようでもある。最近少し大人びはじめた娘のようにみえることもある。
松田聖子、中森明菜をはじめ、多くのアイドルがひしめき合う、まさにアイドル黄金期の1984年にデビューした岡田有希子。そんな顔ぶれの中、誰かと誰かの間をすり抜けて確固たる個性を持たなければ、印象に残れない。そんな中岡田有希子はそれ以前にもそれ以降にも類を見ない「プリンセス」としてデビューし、人気をさらった。こんな、一見すると一番現実味のない分野にも関わらず。

女というのは大人になってもずっと女の子だし、白馬の王子様を待っている。心の中ではいつまでもプリンセスのハートを持ち続けているものだと思う。男の子だって、いつかステキなプリンセスが目の前に現れてくれるはずだという心がきっとどこかにあっただろう。しかし大体の人がその夢物語は胸の中に沈めて大人になっていく。現実的ではないからだ。
ところが、そんな心の中で眠っていたはずの「プリンセスへの思い」が、形を持って現実に現れた。その存在が岡田有希子だったのではないだろうか。誰から見ても、いつの時代に見ても、いつかの理想の女の子を演じられるアイドル。それが、岡田有希子だったのだ。

売上でユッコを超えた歌手はたくさんいるだろう。もう新しい曲を出すこともない。ましてや生の声を聴くこともかなわない。それでも彼女の新しいファンが増え続けているのは、きっと心の奥にしまった純粋なプリンセスへの思いを、だれよりも鮮明に思い出させてくれるからなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*