都倉俊一 ( とくらしゅんいち )

都倉俊一の基本情報

  • 生年月日: 1948年6月21日 (71歳)
  • 出身地: 東京都
  • ペンネーム:シュン・トクラ
  • 補足 : 歌手としては、フォーク・グループ「ザ・パニック・メン」にヴォーカリストとして参加し、1968年に「想い出の小径」でデビューする。

  • 父親の仕事で海外生活が長かった
  • 大学生のときにアルバイトで何曲かヒットして、自然と音楽業界に足を踏み入れたという
  • 学習院大生だった1969年に中山千夏の「あなたの心に」が最初にヒットした
  • 元日本音楽著作権協会(JASRAC)会長

都倉俊一の代表作品

狩人
・あずさ2号
・コスモス街道

桑江知子
・私のハートはストップモーション

郷ひろみ
・バイブレーション (胸から胸へ)
・ハリウッド・スキャンダル

渋谷哲平
・Deep

高田みづえ
・花しぐれ
・パープル・シャドウ

太川陽介
・Lui-Lui

ピンク・レディー

ピンク・レディーの下記のヒット曲はすべて作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一のコンビ。その他、ラストシングルの「OH!」等も手掛けている。

・ペッパー警部ピンク・レディーのデビュー曲
・S・O・S
平成世代には、アニメ「アリスSOS」のオープニングだったことでも有名
・カルメン’77
・渚のシンドバッド
・ウォンテッド (指名手配)
・UFO1978年のレコード大賞受賞曲
・サウスポー野球の応援歌として今も有名
・モンスター
・透明人間
・カメレオン・アーミー

フィンガー5
・個人授業
・恋のアメリカン・フットボール

フォーリーブス
・ブルドッグ

ペドロ&カプリシャス
・ジョニィへの伝言
ボーカル・高橋真梨子(当時は高橋まり)のデビュー曲
・五番街のマリーへ

山口百恵
・としごろ山口百恵のデビュー曲
・青い果実
・禁じられた遊び
・ひと夏の経験山口百恵初の大ヒット曲
・冬の色
・湖の決心
・夏ひらく青春

山本リンダ
・どうにもとまらない
・狙いうち

和田アキ子
・天使になれない

その他、公式ホームページに主な代表曲一覧が載っています。

  • 何千曲も作ったうち、作詞家・阿久悠さんとのコンビが一番多い

都倉俊一が語る周りの人物

作詞家・阿久悠について

阿久さんと打ち合わせしたことはありません。阿久さんからポンと歌のタイトルだけもらって曲を作る。ピンク・レディーの『ペッパー警部』って何ですか、なぜ『渚のシンドバッド』なのと聞き始めれば理屈になってしまう。そうでなくて感性だけで勝負する。
ピンクのヒット曲『UFO』は文字を見てもよく分からず、『ユーエフオー』と読もうかと思いました。でもトントントンと3音あるより、『ユッフォ』の2音のほうがいいと思った。そこに何の打ち合わせもない。先に作った曲に阿久さんが歌詞をはめていきました。

岩手日報 2017年6月20日「来し方行く末 作曲家・都倉俊一 中」

山本リンダについて

リンダの歌で世界を旅しようと、『どうにもとまらない』ではブラジルのサンバ、『じんじんさせて』で中国音楽、『狙いうち』ではコサックダンスを取り入れました。阿久さんとよく『おもちゃ箱だ』と話しながら歌を作りましたが、最初はリンダ、次がフィンガー5で、その集大成がピンク・レディーです。おもちゃを広げて遊ぼうと書きまくりました。

岩手日報 2017年6月13日「来し方行く末 作曲家・都倉俊一 上」

受賞歴

●1978年
第20回日本レコード大賞「UFO」(ピンク・レディー)
第9回日本歌謡大賞「サウスポー」(ピンク・レディー)

●2018年
文化功労者選出

関連サイト

参考資料

岩手日報 2017年6月13日「来し方行く末 作曲家・都倉俊一 上」
岩手日報 2017年6月20日「来し方行く末 作曲家・都倉俊一 中」

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース