船山基紀 ( ふなやまもとき )

船山基紀のデータベース

船山基紀の基本情報

  • 生年月日: 1951年1月13日 (69歳)
  • 出生地: 東京都目黒区
  • 出身地: 東京都調布市

船山基紀の代表作品

船山基紀さんが編曲を手がけた代表曲

中島みゆき
・アザミ嬢のララバイ (1975)中島みゆきのデビュー曲
・時代 (1975)
・悪女 (1981)

沢田研二
・コバルトの季節の中で (1976)
・さよならをいう気もない (1977)
・勝手にしやがれ (1977)
・憎みきれないろくでなし (1977)
・あなたに今夜はワインをふりかけ (1978)
・サムライ (1978)
・ダーリング (1978)
・ヤマトより愛をこめて (1978)
・LOVE (抱きしめたい) (1978)
・OH!ギャル (1979)

山口百恵
・パールカラーにゆれて (1976)

田山雅充
・春うらら (1976)田山雅充のデビュー曲

長渕剛
・雨の嵐山 (1977)長渕剛のデビュー曲

桜田淳子
・気まぐれヴィーナス (1977)
・しあわせ芝居 (1977)
・追いかけてヨコハマ (1978)

渡辺真知子
・迷い道 (1977)
渡辺真知子のデビュー曲。1978年のレコード大賞最優秀新人賞を獲得した曲
・かもめが翔んだ日 (1978)
・ブルー (1978)
・たとえば…たとえば (1979)
・唇よ、熱く君を語れ (1980)

金井夕子
・パステル ラヴ (1978)金井夕子のデビュー曲

庄野真代
・飛んでイスタンブール (1978)

円広志
・夢想花 (1978)円広志のデビュー曲

郷ひろみ
・洪水の前 (1977)
・バイブレーション (胸から胸へ) (1978)
・お嫁サンバ (1981)

野口五郎
・女になって出直せよ (1979)

西城秀樹
・エンドレス・サマー (1980)
・眠れぬ夜 (1980)
・ジプシー (1981)

クリスタルキング
・大都会 (1979)クリスタルキングのデビュー曲

能瀬慶子
・アテンション・プリーズ (1979)能瀬慶子のデビュー曲

榊原郁恵
・ROBOT (1980)
「テクノ歌謡」ともいわれる独特の音が特徴的

五輪真弓
・恋人よ (1980)

河合奈保子
・ヤング・ボーイ (1980)
・愛してます (1980)
・17才 (1981)

沖田浩之
・E気持 (1981)TBS系列「3年B組金八先生」の第2シリーズにて人気になった沖田浩之の歌手デビュー曲

伊藤つかさ
・少女人形 (1981)
TBS系列「3年B組金八先生」の第2シリーズにて人気になった伊藤つかさのデビュー曲

堀江淳
・メモリーグラス (1981)堀江淳のデビュー曲

田原俊彦
・ハッとして!Good (1980)
松田聖子、河合奈保子、岩崎良美らを抑え1980年のレコード大賞最優秀新人賞に輝いた曲
・ブギ浮き I LOVE YOU (1981)
・キミに決定! (1981)
・悲しみ2ヤング (1981)
・君に薔薇薔薇…という感じ (1982)
・原宿キッス (1982)
・NINJIN娘 (1982)
・騎士道 (1984)
・It’s BAD (1985)
・どうする? (1987)
・抱きしめてTONIGHT (1988)
フジテレビ系ドラマ『教師びんびん物語』の主題歌
・ごめんよ涙 (1989)
これも『教師びんびん物語II』の主題歌

中森明菜
・スローモーション (1982)中森明菜のデビュー曲

稲垣潤一
・ドラマティック・レイン (1982)稲垣潤一の出世作

東京JAP
・摩天楼ブルース (1984)

C-C-B
Romanticが止まらない(1985)

少年隊
・仮面舞踏会 (1985)少年隊のデビュー曲
・ABC (1987)

中山美穂
・生意気 (1985)
・ツイてるねノッてるね (1986)大村雅朗と共同で編曲
・WAKU WAKUさせて (1986)
・「派手!!!」 (1987)

Wink
・愛が止まらない ~Turn It Into Love~ (1988)
・淋しい熱帯魚(1989)
1989年のレコード大賞を受賞

中村由真
・Dang Dang 気になる (1989)
アニメ「美味しんぼ」のオープニング曲

 

さらに平成でもこんな名曲を手がけています!

KinKi Kids
・ジェットコースター・ロマンス (1998)
・フラワー (1999)
・夏の王様 (2000)

TOKIO
・宙船 (2006)作詞・作曲:中島みゆき
・AMBITIOUS JAPAN! (2003)
作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、というとんでもないゴールデントリオ

A.B.C-Z
・Moonlight walker (2015)
A.B.C-Zのデビュー曲

King & Prince
・シンデレラガール (2018)
King & Princeのデビュー曲

※公式ホームページにおもな作品リストが記載されています。

船山基紀先生の作品プレイリスト

船山さんが手掛けた曲プレイリストを作成しました!日々のBGMにお役立て下さい。

Apple music

Spotify

船山基紀先生のちょっとした情報

  • シンガーソングライターのイルカと小学校の同級生。
  • 最初のアレンジの仕事は中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」。最初に音盤化された編曲作品は、ポプコン入賞曲を集めたオムニバスのアルバム内の「氷河期」(別所哲一)とのこと。
  • 作曲家の筒美京平と一番多くタッグを組んでいる編曲家。

船山基紀と沢田研二

沢田研二のプロデューサーだった木﨑賢治は「船山さんのアレンジをどう考えているか」について聞かれたとき、こう答えている。

あの頃で言うと船山さんは新しい感性があって、リズムは時代を反映するものだと思うんですけど、時代の臨場感のあるグルーブがありました。あとは思いっきりの良いところですね。ちょうど僕が「許されない愛」のあとで引っ込み思案なものはダメ、もっとハッキリ、くっきりしていないと駄目だと思っていた時に、それを具現化してくれる人に出会えた、という思いがありました。船山さんのアレンジが持っている思いっきりの良さが、良い形でジュリーの世界とシンクロした、そんな風に思っています 。

「ヒット曲の料理人 編曲家 船山基紀の時代」リットーミュージック(2019)p.068

この人のここがすごい!

代表曲一覧を見てもらうと、デビュー曲を手がけられた数がかなり多いことがわかる。のちに名歌手になる人も多い(中島みゆき、長渕剛、中森明菜、少年隊など)。ジャニーズ関連の楽曲も多く、最近デビューしたグループのファーストシングルも手がけていることから、ジャニーさんからも全幅の信頼を置かれていたのだろう。

インパクト大!人を驚かす編曲の職人

船山基紀さんのアレンジの特徴として、「派手」「インパクト」「衝撃的」とよく形容される。あとは「イントロがすごい」等。たとえば下記のような楽曲がある。

  • 抱きしめてTONIGHT
  • 仮面舞踏会
  • Romanticが止まらない
  • 大都会
  • 迷い道

ぜひ聴いてみてほしい。自然と続きが気になるインパクト大なイントロばかりだ。「メロディーとは全く関係のないイントロなのに、あとから聴いてみるとこの曲のイントロでしかない」といった感覚に陥る。ひょっとするとイントロのほうがサビより記憶に残っている曲もあるかも知れない。

デビュー曲はまずは印象に残り、耳に残ってもらわなければいけないことから、衝撃イントロ職人の船山先生に頼みたくなる気持ちもわかってしまう。

おすすめの商品

▼歴代編曲家シングル総売上2位にして日本の編曲家のトップ、船山基紀さんの本がついに登場!どのようにして編曲家になったのか、またヒット曲の制作の裏側など、すべての音楽ファン待望の内容です。2019/10/10発売

(「BOOK」データベースより)
船山基紀が綴るヒットの極意。70年代歌謡曲の王道を歩み、80年代以降も一線に君臨、現在もジャニーズ楽曲など多くの作品を手がける名編曲家の半生記。

受賞歴

●1977年
第19回レコード大賞 大賞「勝手にしやがれ」(沢田研二)

●1989年
第22回全日本有線放送大賞 グランプリ「淋しい熱帯魚」(Wink)
第31回日本レコード大賞 大賞「淋しい熱帯魚」(Wink)

関連サイト

このページをシェアする

こんな人のプロフィールがよく読まれています!

最近更新されたデータベース